2010年 11月 15日
神島散策
差羽舞い 浅葱斑舞う 潮騒の島

翌朝、島内を散策した
坂の島なのでjitenshaは乗れない
一周約4キロだそうだ

家々の路地を歩く
坂が続く

坂をゆくと神社に出た
ゲーター祭りがおこなわれる
八代神社

宿を出る前に女将さんに
神社をまっすぐつきあたって
灯台へ行くと聞いていたのだが
すっかり忘れ
神社の奥に道があるのがわからず
せっかく上がった214段の石段を下りて
灯台への道をだらだらと上った
すると神社の裏手へ出た
今いた場所が見える
ちょっと損した気分

登りきると神島灯台に出る
伊良湖水道が見渡せる

秋の渡りの季節
サシバがここを通過し
そのころアサギマダラも飛来するという
アサギマダラも渡りをする蝶

灯台からの下り道に
観的哨跡があった
ここは陸軍の高射砲の着弾点を確認する施設だったそうだ

そして三島由紀夫の小説『潮騒』に登場する
新治と初江が焚き火を挟んで裸で向き合う
あのシーンの場所だ

見上げると
猛禽類が空を舞っている

坂を下って港まで帰ってきた
帰る時間である

こうして渥美半島から伊勢参りポタ旅が終わった

高台からの港の眺め
f0073398_816587.jpg

島で出会ったお婆さん
f0073398_8165338.jpg

八代神社の石段の上から
f0073398_8173018.jpg

神島灯台
f0073398_8174932.jpg
f0073398_817583.jpg

観的哨
f0073398_8182662.jpg
f0073398_8183692.jpg
f0073398_818476.jpg

伊良湖水道を眺める
f0073398_8192418.jpg

島のカルスト地形
f0073398_8194778.jpg

f0073398_8204585.jpg
f0073398_8205594.jpg
f0073398_821447.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-15 08:22 | 渥美半島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oakat.exblog.jp/tb/14983132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大阪を走る      神島へ >>