2012年 04月 28日
郷土散歩
海にそってはしると漁港にでる
いつもはしる道からすこしそれて
住宅のなかにはいると

ジョセフ・ヒコの生家跡があった
いまは普通の住宅の一角になっている

ちかくの神社をおとずれる
常夜灯があった
いまは海岸線はずっと先になっているが
もともとは海辺にこの神社はあったのだろう


川にそってはしってみる
昔の往来のなごりがのこっている
国包の渡し跡である
国包は三木と加古川の境

標示によると

「国包(くにかね)の渡し」は、対岸の井のノ口との間を
人渡し(一岸出船)で往来していました
この渡しは、伊豆から有馬・幹・国包・井ノ口、志方、姫路を
通る西国裏街道、また有馬街道(湯之山街道)とも言われる、
非常に重要な道筋でした
同時に、加古川舟運の船着き場としても栄えていました
元文2年(1737)の村明細帳によると、
大工、桶屋、医師、木挽、紺屋、材木屋、
旅籠、川宿などが軒を連ねており、街道加古川の交差点として、
大変なにぎわいを見せていたようです。

f0073398_18534328.jpg
f0073398_18532474.jpg
f0073398_1854230.jpg
f0073398_18535221.jpg


by seascape_point5 | 2012-04-28 18:57 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oakat.exblog.jp/tb/17478950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazusanokami at 2012-04-29 01:45
松柏木版「街道をゆく」、街道のこと、渡しのこと、偉人のこと、神社のこと、大いに楽しませて貰いました。
常夜灯は海路にも陸路にも重要なもの。
常夜灯めぐりというのも面白そう。
Commented by seascape_point5 at 2012-04-29 05:18
上総守殿
ジョセフ・ヒコは播磨守殿のご領地。国包は建具の町。
我が家から海へもいける、川へもいける。
郷土の散歩もおもしろく発見もありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 花ざかり      馬上の武官 >>