2012年 05月 20日
狛犬
きょう見つけた狛犬
ひとつは玉をつ阿形
ひとつは子どもをつれた吽形

狛犬の起源はペルシャ、インドといわれるが
日本ではその異形な姿を犬とおもい
異国の犬ということで高麗の犬とかんがえられたという

平安時代には狛犬と獅子は区別されていたそうで
口をひらいたのを獅子として左におき
口をとじ頭に一角をもつものを狛犬として右においたという

狛犬は元来獅子をあらわすものであった


上総守殿の考察がまたれるところであるが
数をあつめてみたいとおもう

f0073398_17234075.jpg
f0073398_1722516.jpg

f0073398_1724309.jpg
f0073398_172438100.jpg


<加古川市本町・春日神社>

by seascape_point5 | 2012-05-20 17:27 | 民族学 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oakat.exblog.jp/tb/17561505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazusanokami at 2012-05-21 17:27
子連れ、発見!ですね。
この子供、ちょいと、蛙さん風であるところが面白いです。
Commented by seascape_point5 at 2012-05-22 11:37
上総守殿
よくまえをとおる神社。
そとからなにげなく狛犬をみると子づれではありませんか。
おもわず一枚でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 金環食      麦秋 >>