カテゴリ:渥美半島( 8 )

2010年 11月 15日
神島散策
差羽舞い 浅葱斑舞う 潮騒の島

翌朝、島内を散策した
坂の島なのでjitenshaは乗れない
一周約4キロだそうだ

家々の路地を歩く
坂が続く

坂をゆくと神社に出た
ゲーター祭りがおこなわれる
八代神社

宿を出る前に女将さんに
神社をまっすぐつきあたって
灯台へ行くと聞いていたのだが
すっかり忘れ
神社の奥に道があるのがわからず
せっかく上がった214段の石段を下りて
灯台への道をだらだらと上った
すると神社の裏手へ出た
今いた場所が見える
ちょっと損した気分

登りきると神島灯台に出る
伊良湖水道が見渡せる

秋の渡りの季節
サシバがここを通過し
そのころアサギマダラも飛来するという
アサギマダラも渡りをする蝶

灯台からの下り道に
観的哨跡があった
ここは陸軍の高射砲の着弾点を確認する施設だったそうだ

そして三島由紀夫の小説『潮騒』に登場する
新治と初江が焚き火を挟んで裸で向き合う
あのシーンの場所だ

見上げると
猛禽類が空を舞っている

坂を下って港まで帰ってきた
帰る時間である

こうして渥美半島から伊勢参りポタ旅が終わった

高台からの港の眺め
f0073398_816587.jpg

島で出会ったお婆さん
f0073398_8165338.jpg

八代神社の石段の上から
f0073398_8173018.jpg

神島灯台
f0073398_8174932.jpg
f0073398_817583.jpg

観的哨
f0073398_8182662.jpg
f0073398_8183692.jpg
f0073398_818476.jpg

伊良湖水道を眺める
f0073398_8192418.jpg

島のカルスト地形
f0073398_8194778.jpg

f0073398_8204585.jpg
f0073398_8205594.jpg
f0073398_821447.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-15 08:22 | 渥美半島 | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 14日
神島へ
帰る組と別れた3人組
上総守殿、御典医殿と某
鳥羽の港へ戻ることにする

鳥羽へは輪行すれば15分程度だろうか
当初17:10発の船の予定だったが
もう少し早い便があるかどうか尋ねた
すると14:00のあとは17:10とのことだった

時間もあるし
jitenshaで走ることにした
タクシーの運転手に尋ねると
jitenshaだから旧道のほうがいいだろうと
道を教えてもらった
多少のアップダウンがあるけど大丈夫
とのアドバイス

走り始める
なんとアップダウンの連続
今回の一番のハードな走りとなった
最後は鳥羽へ一気に下り

乗船場で少し待つ
やがて船はやってきて
神島に向かう
宿の料理が待っている



f0073398_852449.jpg
f0073398_8521747.jpg
f0073398_8523149.jpg
f0073398_8524443.jpg
f0073398_8525555.jpg
f0073398_853688.jpg
f0073398_8531795.jpg
f0073398_8532891.jpg
f0073398_8533712.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-14 08:54 | 渥美半島 | Trackback | Comments(6)
2010年 11月 13日
伊勢参りとおかげ横丁
鳥羽でフェリーを下船し
近鉄で五十鈴川駅に輪行で向かう

駅から走り始める
伊勢参りの雰囲気になってくる
途中猿田彦神社に寄る
七五三でにぎわっていた

伊勢神宮の近くへ来ると
沿道に
幟と人波
今日は大学駅伝の日だった
各大学の応援団が沿道に並んでいる

それを見ながら
おかげ横丁に向かう
昼飯前であったが
なにはさておき赤福へ

赤福を出てから
神宮参拝に向かう
たくさんの人が歩く

参拝を終えて
昼飯にする
お昼は「てこね寿司」

昼を終えて
五十鈴川の駅へ向かう
ここでもう帰る組と別れる

残り組はまだ旅を続ける

f0073398_814970.jpg
f0073398_8142063.jpg
f0073398_814342.jpg
f0073398_81446100.jpg
f0073398_815175.jpg
f0073398_8151243.jpg
f0073398_8152293.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-13 08:16 | 渥美半島 | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 12日
伊勢へ
早朝5時
目覚めるとすぐに
岬の上にある海上交通センターへ行ってみる

事前の問い合わせでは
土日は中へ入れないが
門が開いておれば屋上へ上がるのはさしつかえないとのこと

坂を上ってセンターに到着
門は閉まっている
インターフォンで尋ねると
今は入れないとのこと
残念ながら写真だけにした
差羽の大きなレリーフが飾られている

今日は伊良湖から伊勢湾フェリーで渡って伊勢に行く
伊勢湾フェリーも廃止される予定であったが
地元要望によって存続された

1時間の船旅である
鳥羽まで

鳥羽から五十鈴川まで輪行する
f0073398_853748.jpg
f0073398_853185.jpg

海上交通センターからの眺め
f0073398_8532736.jpg

岬に金子兜太の句碑
f0073398_8544699.jpg

差羽帰り来て
伊良湖よ
夏満ちたり
f0073398_8574697.jpg

f0073398_8563467.jpg
f0073398_8564388.jpg
f0073398_856549.jpg
f0073398_857744.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-12 08:58 | 渥美半島 | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 11日
夕景
岬を廻って今日の宿
休暇村伊良湖に着いた
夕暮れの海を眺める

食事と談笑で初日が暮れていった

f0073398_5202964.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-11 05:21 | 渥美半島 | Trackback | Comments(4)
2010年 11月 10日
海沿いを快適に
あかばねロコステーションでお昼にした
目の前は太平洋
青空が映える

ここからずっと海沿いの自転車道
サーフィンを楽しむ若者がたくさんいる
釣りを楽しむ人も

伊良湖岬にはひとつ坂越えがある
しかしなんなく通過
岬の灯台にたどりつく

ここの駐車場では
バードウォッチングの人がたくさんいる
大型の双眼鏡
大型のレンズ

几帳面にノートに見られた鳥を
克明に記録している
鳥の種類、数、見た時間

猛禽類のサシバが秋の渡りのころ
この岬を通る
宮古島の伊良部島もこのサシバの渡りの地

灯台の向こうには
神島が見える



f0073398_7535978.jpg
f0073398_7541139.jpg
f0073398_7542348.jpg

f0073398_7593326.jpg
f0073398_7594497.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-10 08:01 | 渥美半島 | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 09日
伊良湖岬へ
本来は先週の予定であったが
台風来襲により
その2日前に急遽順延とし
1週間延期

快晴の日
豊橋から豊橋鉄道の三河田原駅に集合した

全員揃って10:30に三河田原駅を出発
海沿いに伊良湖岬まで
ときどきとぎれるが自転車道が整備されている

全員6名
気持ちのよい走りが始まった
赤羽根漁港をめざす

f0073398_15592756.jpg
f0073398_15594495.jpg
f0073398_15595576.jpg

f0073398_1615929.jpg
f0073398_162155.jpg
f0073398_162276.jpg
f0073398_1624028.jpg


by seascape_point5 | 2010-11-09 16:03 | 渥美半島 | Trackback | Comments(6)
2010年 11月 09日
旅のはじまり
f0073398_1427553.jpg


椰子の実の流れ着くという
岬までゆく
旅が始まるとき
東から
西から
仲間が集まる
jitenshaを持って

新幹線がゆく
ワクワクを運んで

楽しき日
楽しきとき

快晴

by seascape_point5 | 2010-11-09 14:30 | 渥美半島 | Trackback | Comments(4)