<   2006年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 31日
我が家のヒヨドリ
昨日久しぶりにテラスに座っていると
鳥の鳴く声が聴こえるので見上げると
ヒヨドリの親子がいました。
巣をつくっていたのでしょうね。
f0073398_2084436.jpg
f0073398_2085957.jpg
f0073398_2091023.jpg
f0073398_2092195.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-31 20:09 | | Trackback | Comments(6)
2006年 07月 30日
朝の散歩風景
加古川の河口にて
昆虫や花を見て歩きました。
f0073398_8254925.jpg
f0073398_826314.jpg
f0073398_8261422.jpg
f0073398_8262944.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-30 08:26 | 昆虫 | Trackback | Comments(6)
2006年 07月 30日
神戸ポタリング
明石から神戸までポタリングしました。
大蔵海岸からの眺め
f0073398_5123284.jpg

アジュール舞子での結婚式のアトラクションをちょっと
f0073398_5132071.jpg

舞子の浜
f0073398_5141379.jpg

海神社の鳥居
f0073398_5144023.jpg

新幹線?
これは芦屋浜からの眺め
f0073398_5153961.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-30 05:16 | ポタリング | Trackback | Comments(2)
2006年 07月 29日
舞鶴ポタリング
朝5:44発の加古川線からはじまりました。
青春18きっぷで舞鶴をめざしました。
加古川駅に停車中の電車の中
f0073398_20542663.jpg

西脇市駅で乗り換え
横尾 忠則の絵が描いてあるそうです。
f0073398_2055199.jpg

谷川行きに乗り換え
f0073398_20554412.jpg

西舞鶴に着きました。
午前9:35
明倫小学校の門です。
ここは昔の藩校明倫館の跡だそうです。

f0073398_2057559.jpg

f0073398_2124911.jpg

このあたりは城下町として栄えたところだそうで
田辺城跡の門です
f0073398_210145.jpg


旧国鉄・臨港線の跡地が自転車道として整備されていました。
列車の車輪をかたどった欄干があります
f0073398_2122672.jpg


藩政時代から明治時代にかけて廻船問屋が
活躍した高野川沿いの懐かしそうな風景
f0073398_214376.jpg

f0073398_2145454.jpg


道の駅・とれとれセンターを覗くと
おいしそうな魚を売っている。
すぐ焼きますとかいてあったので
大アサリを焼いてもらって、岩カキを生で食べました。
実にうまい。
f0073398_2172781.jpg
f0073398_2174152.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-29 21:08 | ポタリング | Trackback | Comments(5)
2006年 07月 28日
舞鶴ポタリング
舞鶴の煉瓦倉庫群を見たいと思って
出かけてきました。
煉瓦の建物っていいですね。
浪漫でしょうか。
f0073398_2092662.jpg
f0073398_2094111.jpg
f0073398_2095538.jpg
f0073398_2010921.jpg
f0073398_20102285.jpg
f0073398_20103386.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-28 20:11 | ポタリング | Trackback | Comments(1)
2006年 07月 26日
散歩道の風景
加古川の散歩道風景です。
f0073398_2118242.jpg
f0073398_21184159.jpg
f0073398_21185354.jpg
f0073398_2119335.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-26 21:19 | ポタリング | Trackback | Comments(11)
2006年 07月 25日
朝日
加古川の朝の風景です。
f0073398_22581225.jpg
f0073398_22582768.jpg
f0073398_22584748.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-25 22:59 | 風景 | Trackback | Comments(4)
2006年 07月 23日
センチメンタル・トゥリップ
昨年秋、北海道へ行ったときの想いを
昨日のポタリングでちょっと思い出して・・・・

f0073398_20275925.jpg

 札幌ドームを見上げると真っ青な空があった。
頬を撫でる風は爽やかで、もう夏の終わりを告げていた。
ドームでの会議のあと私たちは観光タクシーに乗り込んだ。
今日は登別で一泊して翌日の夕方神戸に帰る予定だった。
車窓から白樺の白く光ったような林を見ながらあの時のことを想い出していた。

 1970年夏。私は自転車で加古川から北海道へ来た。20歳だった。
人生の出発点だと思った。これからの人生をどう生きていこうか、
混沌とした夢と不安を抱いていた。
そして「放浪」にあこがれ、それからの旅の原点になったのだ。
人生は旅だという意味においても。
もう詳しいことはほとんど忘れてしまったが、
彼と会ったのは仙台を過ぎた頃だっただろうか。彼も自転車、ぼくも自転車だった。
朴訥であったが、芯の強さを感じさせる奴だった。
銭湯へ入ってドロの湯が身体から流れ落ちるのを周囲を気にしながら入ったり、
ある時は農家に泊めてもらって翌日の弁当までもたせてもらったり、
とりとめのない話をしながら何日かを一緒にテント生活をしながら旅を続けた。
 岩手を過ぎたあたりで別れた。
彼は青森の野辺地まで行って北海道に渡って積丹半島の方へ行くという。
私は青森から函館へ向かうことにした。青森でフェリーに乗った。
船に乗るともはや自分で漕がなくても、じっとしていても前へ進む。うれしかった。
函館に着いたのは確か夕方だった。その日は函館の駅で寝た。
その頃駅で寝る旅行者が多かったのである。
ウトウトとしていると、誰かに「自転車にちゃんとカギをかけておかないと取られるぞ。」
と言われた。ぼくは誰かに自転車を取ってほしいと思った。
そうすれば帰れると思った。理由をつけて。
長い自転車旅行で3度ほど、そんなふうに思ったことがあった。
 函館を出て一路札幌をめざした。早朝の大沼公園でのことだった。
前方に自転車が停まっているのが見えた。黒い半ズボン姿の人が見えた。
「あっ!」そう声をあげた。向こうも気付いたようだった。
「うぉぉぉぉっ!」言葉にならなかった。二人で声をあげて近寄った。再び会ったのだ。
まさか、会うとは思ってもみなかった。彼だって同じだっただろう。
過ぎ去ったことであったのだから。会おうとしても会えないかも知れないのに。
その後、それぞれの道を行くため別れた。
どこの誰だかも知らない。もし会えるならもう一度会ってみたいと思う。

 「白老のポロトコタンです。今からちょうど公演が始まりますから急いで行ってください。」
観光タクシーの運転手に促されてコタンに入る。
ムックリという口にくわえて糸をはじくと「ビョーン、ビョーン」
と響く楽器の演奏や、踊り、歌など、りりしい若者が説明している。
天井にはサケの燻製が所狭しと、吊ってある。
民家もきれいに整備され、みやげ物の店も公園へ行くまでにたくさんならんでいる。
f0073398_20322345.jpg
f0073398_20323719.jpg
f0073398_20325155.jpg


 あの時、白老のアイヌコタンは観光客でいっぱいだった。
小屋といったほうがいいのか、木彫りの実演をやっている古老がいた。
口のまわりを薄く刺青をした年配の女性がいた。
そんな店がたくさんあって、どの店も観光客がたくさん入っていた。

 今、この白老のポロトコタンに立っている。
何かしら懐かしいような気持ちがこみ上げてくるのを感じた。
静かだ。
「銀の滴降る降るまはりに、金の滴降る降るまはりに。という歌を私は歌ひながら・・・・」
という『アイヌ神謡集』のなかの「ふくろうの神が自ら歌った謡」というのを思い出していた。
f0073398_20342194.jpg

 コタンを出るともう午後3時前になっていた。空港に向かう時になっていた。
私たちは車に乗り込んだ。しばらくすると、運転手が「このあたりは苫小牧です。
南へ行くと室蘭です。」と言った。苫小牧、室蘭。これも懐かしい地名だった。
そうだ、きっとこの道だったのだろう。

夜、真っ暗な道を、センターラインをたよりに、
時々通る車のライトで進む方角の様子を見ながら走った。それがここ、苫小牧だった。
心細い気持ちを吹き飛ばすように、ただひたすら走った。
そして室蘭。帰り道、青森をめざしてフェリーに乗った港だった。
フェリーが青森に近づくにつれてムッとした空気が体を包みだした。
青森に着いた。夜だった。
着物を着た若者たちが奇声をあげてエネルギッシュに飛び跳ねていた。
ねぶた祭りだった。私はそれ以後も旅を続けた。

 機上の人となった私は、満足していた。
一日だけの観光旅行だったけれど、いろんなことを想い出させてくれた。
f0073398_20362050.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-23 20:37 | | Trackback | Comments(4)
2006年 07月 22日
夙川・芦屋ポタリング
第2回ポタリングクラブ走行会に行きました。
ozunuさん、mercyさん、私ださん、ヘリオス乗りさん、zuzieさん
maruchan家の合計7名でした。
7台の自転車で一緒に走るのは壮観です。
香枦園浜から芦屋浜ではいい風が吹いて
気持ちのよいポタリングになりました。

全員の自転車
f0073398_18474667.jpg

芦屋浜にて
f0073398_18482773.jpg

Verden Gardenで食事
f0073398_18491374.jpg
f0073398_18492450.jpg
f0073398_18493443.jpg

ポタリング風景
f0073398_18501021.jpg
f0073398_18502275.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-22 18:50 | ポタリング | Trackback | Comments(12)
2006年 07月 20日
セミの誕生
昨年の今頃公園ではセミがたくさん鳴いていました。
今年は先日一度セミの声を聞いただけです。
セミの脱皮です。
ちょっと感動しました。
f0073398_20282146.jpg
f0073398_20284236.jpg

f0073398_20292637.jpg


by seascape_point5 | 2006-07-20 20:29 | 昆虫 | Trackback | Comments(6)