<   2012年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 31日
風にふかれて
池畔で
風にふかれて
歓談、青空コンサート、自然観察

f0073398_21582217.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-31 21:58 | 雑事 | Trackback | Comments(5)
2012年 05月 28日
jitensha散歩
市内にすみながら
しらない場所はいっぱいある
河川敷を北へはしって
はじめての所をはしった

小高いところに
古墳群をみつけた
草でおおわれているが
六つの古墳がある

集落にはいってはしると
家と家の隙間から
煙突のようなものがみえた
jitennshaをおりてひきかえすと

なにやらふしぎなものがたっていた
コンクリートの基礎のうえにまるい筒がつながっている
コンクリートには
「皇紀二千六百年 村民總動員工事」とかいてある
皇紀二千六百年は昭和15年、1940だ

角をまがった民家のまえにいた
初老の婦人にたずねると
すぐ、目と鼻のさきという場所だが
なにをたずねているのかふしぎそうな顔をして
そのたっているもののことをしらないようすだった

あんがいそんなものなのかもしれない

そこですこし誰かとおらないかとおもって、まっていると
古老がとおりかかった

「あれか、あれはなポンプや」
「水をくみあげてな、あのむこうの山すそまで水を送っとったんや」
「パイプがつながっとってん」
「もう、40、50年は使うとらへんな」

しらなかった道をはしるのはたのしいもの
別世界のちいさな旅


f0073398_1623204.jpg

f0073398_16233370.jpg
f0073398_16234723.jpg
f0073398_16235490.jpg
f0073398_1624481.jpg
f0073398_16241164.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-28 16:27 | 里山 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 27日
初夏の風
庭先でくつろぐ
涼風がとおる

f0073398_13263649.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-27 13:26 | 雑事 | Trackback | Comments(6)
2012年 05月 26日
斑猫
f0073398_20194215.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-26 20:19 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 25日
民家
里山にそって
里道をjitenshaではしる
民家がみえる
なつかしいような風景

f0073398_1120378.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-25 11:20 | 里山 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 24日
稲苗
jitenshaではしっていると
大規模に稲をそだてているとこにでた
きいてみると
出荷用にそだてているということだった

田んぼでみけかた稲苗には
ビニールをかぶせていたのに
ここでは覆いがないのもあった

覆いをしているのはまだ稲苗がそだっていないためで
そだってくると覆いをとるのだそうだ
苗の色をみると
黄色ががった苗と緑の苗がある

そだちの順だそうで
黄色がかった苗、緑の苗、覆いのされた苗の順におかれている
水は自動でまかれている

土もりしたところに苗を箱にいれてならべているのだが
土もりのうえにおくのは
湿りけを苗にあたえるためだそうだ

このあたりの稲は
「ひのひかり」、「きぬひかり」がおおいようだ
「もち米」もある

f0073398_11261128.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-24 11:27 | 里山 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 23日
仕舞
尉姥祭のあとは
境内の能舞台で謡曲仕舞が披露された
これは謡曲か仕舞かは素養がないので
よくわからないが
謡と舞の場面である

境内には枯死した松が保存されている
天然記念物・高砂之松

三代目の相生の松だそうだ
相生の松とは黒松(おとこ松)と赤松(おんな松)がひとつの根から
幹がわかれており
縁むすびの象徴とされているのだそうだ

f0073398_1613986.jpg
f0073398_16132281.jpg
f0073398_16133583.jpg
f0073398_16134821.jpg
f0073398_16135856.jpg
f0073398_16141534.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-23 16:15 | 民俗・芸能 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 22日
尉姥祭
高砂神社は高砂の松で有名な神社である
その神社で尉姥祭(じょううばさい)・お面かけの神事がおこなわれた

神社の由来によると
尉と姥は平和と長寿の象徴だそうだ
天正年間の戦乱の巷に
ゆくえしれずとなった尉と姥の御神体が
寛政7年京都でみつかり
5月21日に祝祭がおこなわれ
お面かけの神事はそのおいわいとして
今日までつづいているということだ

神官が笛とひちりき(篳篥)の音にあわせて
社殿に行列ではいってくる
全員が社殿にはいってすわると
まずおはらいをし
供物をそなえる儀式がおこなわれる

このとき壁がわから神殿にたっていった神官が
もどってきてすわるとき
まず壁側まであとずさりでさがり
壁側にむかってすわる
そして180度ターンして正面をむく

献茶のあと祝詞(のりと)があげられ
お面つけがおこなわれる
お面をつけた神官が舞を奉納する

きいていると
「たらりたらり・・・・」と謡うのがきこえる
たぶん三番叟なのだろう
三番叟は祝義としてまわれる

むかし河口慧海がこの三番叟をきいて
チベット語だといったというのをよんだ記憶がある

玉串が奉納されてこの神事はおわった

f0073398_1123010.jpg
f0073398_11231496.jpg
f0073398_11232723.jpg
f0073398_11233798.jpg
f0073398_1123529.jpg
f0073398_1124340.jpg
f0073398_11241415.jpg
f0073398_11242624.jpg

f0073398_11252574.jpg
f0073398_11253726.jpg
f0073398_11254845.jpg
f0073398_1126616.jpg
f0073398_11262164.jpg
f0073398_11263461.jpg

f0073398_11275045.jpg
f0073398_1128418.jpg

f0073398_1129151.jpg

f0073398_1130017.jpg
f0073398_11301344.jpg

f0073398_11312540.jpg
f0073398_11313634.jpg
f0073398_11314783.jpg

f0073398_11323816.jpg
f0073398_1133174.jpg
f0073398_1133282.jpg
f0073398_11332015.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-22 11:35 | 民俗・芸能 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 21日
金環食
金環食の観察
7:16
f0073398_14381414.jpg

7:20
f0073398_14385443.jpg

7:23
f0073398_14391158.jpg

7:25
f0073398_14393018.jpg

7:26
f0073398_14395179.jpg

7:27
f0073398_1440113.jpg

7:28
f0073398_14403026.jpg

7:29
f0073398_14404644.jpg

7:29
f0073398_1441990.jpg

7:30
f0073398_1441578.jpg

7:30
f0073398_14421713.jpg

7:30
f0073398_14423692.jpg

7:30
f0073398_14425665.jpg

7:31
f0073398_14431437.jpg

7:32
f0073398_1443334.jpg

7:36
f0073398_14435655.jpg

7:38
f0073398_14443153.jpg

7:40
f0073398_1444529.jpg

7:42
f0073398_14451491.jpg

7:43
f0073398_14453427.jpg

7:45
f0073398_14455387.jpg

7:49
f0073398_14461076.jpg

7:55
f0073398_14462713.jpg

7:59
f0073398_14464459.jpg

8:02
f0073398_1447381.jpg

8:04
f0073398_144719100.jpg

8:16
f0073398_14473646.jpg

8:19
f0073398_14475234.jpg

8:24
f0073398_1448650.jpg

8:27
f0073398_14482333.jpg

8:30
f0073398_14483957.jpg

8:32
f0073398_14485437.jpg


by seascape_point5 | 2012-05-21 14:51 | 天体 | Trackback | Comments(8)
2012年 05月 20日
狛犬
きょう見つけた狛犬
ひとつは玉をつ阿形
ひとつは子どもをつれた吽形

狛犬の起源はペルシャ、インドといわれるが
日本ではその異形な姿を犬とおもい
異国の犬ということで高麗の犬とかんがえられたという

平安時代には狛犬と獅子は区別されていたそうで
口をひらいたのを獅子として左におき
口をとじ頭に一角をもつものを狛犬として右においたという

狛犬は元来獅子をあらわすものであった


上総守殿の考察がまたれるところであるが
数をあつめてみたいとおもう

f0073398_17234075.jpg
f0073398_1722516.jpg

f0073398_1724309.jpg
f0073398_172438100.jpg


<加古川市本町・春日神社>

by seascape_point5 | 2012-05-20 17:27 | 民族学 | Trackback | Comments(2)