2012年 04月 08日
北条節句まつり
加西市の住吉神社「北条節句まつり」にでかけた
毎年4月の第一土日にもよおされるようだ
昨日は宵宮
本日は本宮

きのう神様は本社より神輿にのって
渡御され
御旅所におられた

きょうはまず御旅所へゆく
御旅所で
「浦安の舞」が奉納され
屋台が御旅所入りする

屋台は布団屋台で
この神社には13台の屋台があるという
13台が一度にそろうと壮観である

屋台は御旅所にはいると
拝殿のまえで
屋台をささげる

屋台13台がそろうと
「龍王舞」が奉納される
西と東の地区で保存される舞で
ちがった舞である
勇壮な舞とおだやかな舞

龍王舞がおわると
神輿は御旅所をでて本社へむかう
屋台も本社へむけてでてゆく

渡御とはご神霊が行幸されることで
御旅所はご神霊が休憩・宿泊されるところである

この住吉神社の御祭神は
酒見神(当地住民の祖先神)
住吉四神(底筒男神、中筒男神、表筒男神、神功皇后)
大歳神
八幡神だそうだ

神輿は2つで
それぞれに御神霊はのっておられるという

神輿をかつぐ人はカヨウチョウというそうで36名いるそうだ

祭の責任者の人たちは
黒のシルクハットにモーニング、手にはステッキをもっている

f0073398_2047396.jpg
f0073398_20474820.jpg

「浦安の舞」
f0073398_20482639.jpg
f0073398_20483897.jpg
f0073398_20484613.jpg

祭の責任者の人たち
各地区の区長・副区長の人たちだそうだ
ちなみに区長とは1889年に施行された市町村制によってうまれた市町村で
従来の部落は「区」とされ、その区の長を区長といったようだ
そのよび名がのこっているのだろうか
f0073398_20521722.jpg

屋台の御旅所入り
f0073398_2053993.jpg

f0073398_2054578.jpg
f0073398_20541938.jpg

f0073398_20545996.jpg
f0073398_20551125.jpg
f0073398_20552372.jpg

屋台をかつぐ人たちの衣装
たずねてみると
柄はそれぞれすきな柄の着物を着るのだそうだ
f0073398_20564128.jpg

神輿をかつぐカヨウチョウ
f0073398_20571695.jpg

龍王舞
f0073398_20574519.jpg
f0073398_20575744.jpg

f0073398_20581432.jpg

神輿の出御
f0073398_20584795.jpg


by seascape_point5 | 2012-04-08 21:00 | 民俗・芸能 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oakat.exblog.jp/tb/17401800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazusanokami at 2012-04-09 23:59
祭礼の様子が手に取るように分かります。
黒のシルクハットにモーニング、ステッキの姿、これだけでも無形有形重要文化財ですね。
龍王舞は、昨秋、和泉鳥見神社で見た「いなざき獅子舞」の河童の舞いに繋がるものが見受けられます。
Commented by seascape_point5 at 2012-04-10 10:12
上総守殿
延々9時間。見学しました。
面白かったのと、いろいろ知ることができたのと。
有意義でした。
ちかくにいながらこんな祭をしりませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北条節句祭      里山ポタリング >>